ビューティクレンジングバームの使い方、お勧めのクレンジング使用方法

ビューティクレンジングバームの使い方、お勧めのクレンジング使用方法

クレンジングや洗顔には顔に付着した汚れや皮脂、メイクを落とすと同時に次のスキンケアに進むための下準備の役割があります。皮脂汚れや角層をしっかり取り除くことで化粧水や美容液もその機能を十分に発揮できるでしょう。しかし、毎日の日課だからと深く考えずに洗顔料を選んでいる人も少なくありません。そんな人にこそ試していただきたいのが、ビューティクレンジングバームです。

ビューティクレンジングバームの使用頻度やタイミング

ビューティクレンジングバームは41種類もの美容成分を含んだ高機能のクレンジングアイテムです。バームタイプで肌の上で滑らすように伸ばすことで、肌に残ったメイクや皮脂をからめとります。

皮脂をしっかりと落とすタイプの洗顔アイテムはスクラブタイプのものなど週に1回程度の使用が推奨されるものも珍しくありません。これは肌の刺激になるような洗顔アイテムは毎日使うことで、肌のダメージとなってしまうとともに、皮脂を取りすぎて乾燥を招いてしまうからです。

しかし、ビューティクレンジングバームは肌に不必要な汚れや毛穴に詰まった皮脂はしっかりと落とすものの、必要な皮脂や美容液成分だけは肌に残す処方になっています。そのためビューティクレンジングバームは365日毎日使うことができます。

スクラブやピーリングは肌への刺激が強いため、痛いのが嫌な人、敏感肌の人などは敬遠してしまうでしょう。しかし、ビューティクレンジングバームは肌の上で軽く滑らせるだけで洗浄成分と美容成分が溶け出します。また含まれているAHA(ビルベリー葉エキス、オレンジ果汁、リンゴ幹細胞エキス)などの洗浄成分には古い角質を効率よく落とす役割も期待できるでしょう。

ビューティクレンジングバームを使うタイミングは毎日の洗顔、クレンジングの時です。ビューティクレンジングバームの特色として挙げられるのが、メイク落としでありながらダブル洗顔は不要であるという点です。

ビューティクレンジングバームは使用後ぬるま湯で落とすことができます。一般的なメイク落としはそれだけではぬるつきが残ってしまうためダブル洗顔が必要になることが多いでしょう。またメイク落としはメイクを落とすことに特化しているため、皮脂や古い角質を落とす機能が備わっていないことがあります。

しかし、ビューティクレンジングバームは1つでメイク落としと洗顔の2つの機能を持ち合わせたアイテムであり、洗顔がこれだけで済むため、経済的で洗顔にかかる時間も短くなるでしょう。

ビューティクレンジングバームはクレンジングとして使うだけでなく普段の洗顔料として使うこともできます。たとえばメイク落としが必要ないものの、皮脂が多く乾燥しがちな男性の肌にもビューティクレンジングバームをおすすめします。皮脂が多いからと落としすぎてしまう強力な洗顔料は、逆に皮脂分泌を増やしてしまう可能性もあるのです。余分な皮脂を落としながら、潤い成分を与えてくれるビューティクレンジングバームをためしてみてください。

ガッツリと盛ったマスカラやティントリップはメイクの中でも落ちにくいタイプです。落ちにくいため、ついついゴシゴシとこすってしまう人もいるでしょう。しかし、目の周りや唇の皮膚は薄くてデリケートなので、強くこすってしまうと角層が荒れて肌トラブルの原因になってしまうこともあります。一方でビューティクレンジングバームはしっかりと付着したメイクもこすることなく、するすると落とすことができます。

ただし、注意点として「お湯で落ちる」と宣伝されているフィルムタイプのマスカラやアイライナーはクレンジングでは落ちにくいこともあるでしょう。これらのアイテムは洗い流すときにお湯で優しく落とすようにしてください。

ビューティクレンジングバームの塗り方

ジャータイプのクレンジングアイテムの中には慣れないと使いにくいものもあります。ビューティクレンジングバームはくるくると馴染ませるだけなので使い方は簡単です。初めに乾いた手にスパチュラで山盛り1杯のビューティクレンジングバームを取ってください。スパチュラは付属しているので、衛生的に使うことができます。

ビューティクレンジングバームを顔にまんべんなく伸ばしてから30~60秒ほど円を描くようにクルクルと手を動かしましょう。このときにおでこや頬だけでなく、鼻筋や小鼻、口の周りなどの細かい部分もしっかり指で洗いましょう。

マッサージするように手を動かすことでしっかりとメイクや古い角質を落とすことができます。汚れが浮き上がってきたらぬるま湯で洗い流しましょう。洗い上がりのサインは洗い流した時のぬるま湯が白濁から透明になったタイミングです。洗い上がりにさっぱり感が欲しい人はぬるま湯での洗い流し回数を増やしてください。

ただし、ビューティクレンジングバームは汚れや皮脂をしっかりと落としながら美容成分を肌に残す処方になっているため、洗い流しすぎないようにしましょう。しっとり感が残ったまま次のスキンケアに進むことで、スキンケアをサポートしてくれます。

ビューティクレンジングバームを使うときに注意していただきたいのが決してこすりすぎないことです。ビューティクレンジングバームは肌の上でとろけることで指の滑りが良くなります。肌をこするのではなく持ち上げて馴染ませるように肌をほぐしましょう。マッサージすることによって、リラックスできると同時に肌の血行が良くなります。

ビューティクレンジングバームと他のコスメの併用はできる?